ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、IIJセキュアMXサービスにOffice 365との連携機能を拡充

二つのサービスをワンストップで提供し、クラウドサービスでのメールセキュリティ強化を実現

2013年04月03日

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一 コード番号:3774 東証第一部、以下IIJ)は、企業のメールシステムに必要なセキュリティ機能を統合的に提供する「IIJセキュアMXサービスblank」(以下セキュアMX)において、日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下 日本マイクロソフト)が提供するクラウドサービス「Microsoft Office 365(以下Office 365)」との連携機能を追加し、2013年4月3日より提供開始いたします。また、これを機にIIJは、Office 365の取次販売を同日より開始いたします。

Office 365を利用するお客様は、セキュアMXと組み合わせて利用することで、メールの誤送信防止、添付ファイル暗号化、統計情報・ログ保存機能、外部媒体を含むメールの国内保管機能などのセキュリティ機能を強化でき、メールによる情報漏えいなどの脅威に備えることが可能となります。また、日本語スパムにも有効なセキュアMXの多層防御型メールフィルタリング機能を利用することで、攻撃・迷惑メール等を高精度に検知、かつOffice 365に届く前にブロック、隔離することができます。

導入企業から高い評価を得ているセキュアMXをクラウド型メールサービスに対応させると同時に、Office 365をワンストップで提供できる販売体制をつくることで、両サービスを組み合わせて使いたいというお客様のニーズにお応えします。これにより、お客様にとっての利便性、価格競争力、強固なセキュリティ対策の揃った、企業での利用に最適なメール環境を実現します。さらに、Office 365の初期設定やユーザ情報の登録、既存のユーザ認証システム(Active Directory)との連携、シングルサインオンの導入、管理者教育といった初期導入を支援するソリューションも、お客様のご要望に応じてご提案いたします。

IIJは今後とも、安全性と利便性を兼ね備えた高品質なメールサービスの提供に努めてまいります。

IIJセキュアMXサービスについて

IIJセキュアMXサービスはウイルス・スパム対策から情報漏えい対策やコンプライアンス強化、メールシステムのフルアウトソースまで、企業に必要不可欠な機能を完全網羅したクラウド型メールセキュリティサービスです。お客様は既存のメール環境はそのままに、必要な機能だけを選んで利用することが可能です。詳細は、http://www.securemx.jp/blankをご参照ください。

日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

日本マイクロソフトは、IIJによる「IIJセキュアMXサービス」と Microsoft Office 365の連携機能の拡充を歓迎致します。IIJが長年提供されているセキュリティサービスとの連携により、導入の進むOffice 365のより高度なセキュリティ対応の選択肢が広がるとともに、お客様は充実したサポートを受けることが可能となります。今後も日本マイクロソフトは、IIJと連携し、Office 365の価値をより多くのお客様にお届けすべく、さらなるサービス拡充を続けてまいります。

日本マイクロソフト株式会社
パートナーソリューション営業統括本部 統括本部長
兼パートナー戦略統括本部 統括本部長
業務執行役員 佐藤恭平

サービスイメージ図

SmartWAN

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

IIJグループ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る