ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、ネットワーク機器を無償提供し機能に課金する業界初のビジネスモデルを開始

ネットワーク管理サービス「SACM」から必要な機能を月額課金で提供、大幅コストダウンを実現

2013年01月22日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一、コード番号:3774 東証第1部)は、機器(サービスアダプタ)を無償提供し、機能に課金する新しいビジネスモデルを、ネットワークサービスとして初めて提供します。IIJは本モデルによって、自動接続、完全管理の仕組みをOEM提供するためのネットワーク管理サービス「SACM(※1)」に、新たに「レシピ」機能を追加し、サービス事業者向けに2013年2月14日より提供を開始します。本サービスは、VPNや無線LANの機能などを「レシピ」と呼び、お客様が必要とするレシピだけをSACMシステム側から、新開発のサービスアダプタ「SA-W1」へ提供し、月額課金を行うものです。

今後、OEM先の一つであるグループ会社の株式会社IIJグローバルソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:岩澤 利典)が、本サービス基盤を利用した法人向けサービスの提供を予定しています。

第一弾として提供されるレシピは以下の通りです。

レシピ名 提供機能
IPsec-VPNレシピ 各種回線に対応したインターネット接続とVPNによる拠点間通信機能を提供します。
無線APレシピ PCやスマートデバイスが無線LANに接続するためのアクセスポイント機能を提供します。

新機能の特長は以下のとおりです。

機能自体に課金

ユーザ宅内に設置するサービスアダプタ(SA-W1)は無償提供されるため、機器を購入せずに、必要な期間だけ、必要なネットワークを安価に構築することができます。既存のVPNサービス等と比較して、大幅に低価格な料金で提案可能です。

必要なネットワークを迅速に構築可能

ネットワークを構築するのに必要な機器と機能、そして容易にネットワークの設定ができる構成テンプレートを、IIJからサービス事業者に一括で提供します。サービス事業者は構成テンプレートの変数に必要なパラメータを入れるだけで、迅速にネットワークを構築可能です。

今後は、「L2-VPNレシピ」、「LTE+3Gモバイルアクセス冗長レシピ」、「mrubyスクリプトレシピ」や「WAN高速化レシピ」等の提供を予定しております。
なおIIJでは、1月24日(木)~25日(金)に開催される技術イベント「JANOG31ミーティング」にて「SA-W1」及び「IPsec-VPNレシピ」の展示を行います。IIJは今後も、独自技術で競争力のあるネットワークサービスを開発してまいります。

提供イメージ図

SA-W1

サイズ 幅155mm×高さ32mm×奥行120mm
有線LAN Gigabit Ethernet×4ポート
有線WAN Gigabit Ethernet×1ポート
無線LAN IEEE802.11b/g/nに対応
2×2 MIMO 2ストリーム
USBポート USB2.0 Type A × 2ポート
処理性能 フォワーディング約400Mbps
IPsec 約100Mbps

JANOG31ミーティング イベント概要

日時 2013年1月24日(木)~25日(金)
会場 東京ミッドタウンホール&カンファレンス(東京都・港区)
主催 日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ
  1. (※1)SACM (Service Adaptor Control Manager:エスエーシーエム):IIJが独自開発したネットワークマネージメント「SMFv2(日本:特許第4463868号、米国:特許7660266号)」の自動接続、完全管理の仕組みをOEM提供するための、マネージメントサービス基盤。SMFv2はIIJ独自開発のルータ「SEIL(ザイル)シリーズ」だけでなく、他社のネットワーク機器に対しても、初期設定から設定変更、運用管理までを一元的に管理できる。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る