ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

世界初:IEEE1888対応の組込み3G通信モジュールを開発 M2Mクラウドサービスとの接続に成功

1.発表者

  • 国立大学法人東京大学 情報理工学系研究科 江崎研究室
  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • 3Gシールドアライアンス

2.発表のポイント

  • 世界で初めて、スマートシティー構想における通信規格の一つであるIEEE1888に対応した3G通信モジュールを開発しました。
  • この通信モジュールは、電力、気象、防災、交通、農業、ヘルスケアなどの分野における、あらゆるファシリティーの情報を電子化し、その管理をM2Mクラウドサービスで行うことを可能にします。
  • この通信モジュールのIEEE1888通信ソフトウェアはWebで公開されます。

3.発表内容

国立大学法人東京大学(総長:濱田 純一、以下東京大学)の江崎 浩 教授、落合 秀也 助教、株式会社インターネットイニシアティブ(代表取締役社長:鈴木 幸一、以下IIJ)、3Gシールドアライアンス(代表:高本孝頼、以下アライアンス)は共同で、IEEE1888(※1)に対応した組込み3G通信(※2)モジュール(図1)を開発し、電力センサを含む各種計測情報を商用のクラウドサービスに提供させることに世界で初めて成功しました。

この「IEEE1888対応の3G通信モジュール」は、アライアンスが開発を進めてきた3GシールドにArduinoボード(※3)を装着し、そこにIEEE1888通信ソフトウェア(東京大学が開発)を搭載させることで誕生しました。また、IIJのSIMカード(3G通信用)とクラウドサービス「IIJ GIOサービス」(IEEE1888通信の受け口)によって、このモジュールの動作が検証されました(図2)。

この「IEEE1888対応の3G通信モジュール」は世界的に広く使われているArduino組込みコンピュータを基調としています。そのため、アプリケーションに応じたシールド(ボード)を装着することで、様々な装置とのインターフェーシング(接続)を容易に行えます。これにより、センサ類(電力センサ、温湿度センサ、照度センサ、CO2センサ、振動センサ、加速度センサ、磁気センサ、ガスセンサ、圧力センサなど)や制御機器類(照明、パトライト、ブザー、開閉器、換気扇など)が、3G回線を通じてIEEE1888によるM2Mクラウドサービス(※4)に接続できるようになります。その応用性は、電力、気象、防災、農業、ヘルスケアなどの、スマートシティー構想における基本分野をすべて網羅できるほど多岐にわたります。

IEEE1888通信ソフトウェア(3G通信対応版)は、東京大学江崎研究室の運営するIEEE1888ソフトウェア配布ページblankより10月1日より公開致します。9月末にアライアンスより提供された3Gシールドblankに、Arduinoボードを組み合わせ、このソフトウェアを利用すれば、誰でもIEEE1888によるM2Mクラウドの開発を進めることができるようになります。

4.問い合わせ先

東京大学 大規模集積システム設計教育研究センター 助教 落合 秀也

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部 川上、村松

3Gシールドアライアンス代表 高本 孝頼

5.用語解説

  • (※1) IEEE1888:Ubiquitous Green Community Control Network。ビルエネルギー管理システム(BEMS:Building Energy Management System)をはじめとする、スマートシティーの構築に必要なコミュニティの監視制御を担う通信規格であり、2011年にIEEE(米国電気電子学会)での標準化が完了している。
  • (※2) 3G通信:第3世代移動通信(2012年現在、最も主流な携帯電話の通信網)。
  • (※3) Arduinoボード:世界的に広く使われているオープンな組込みマイクロコンピュータのプラットフォーム。柔軟なハードウェア・ソフトウェア開発を可能にする仕組みが取り入れられており、小ロット多品種生産を可能にしている。発表当初は教育や研究期間向けで利用されることが想定されていたが、正しい開発ステップを踏めば十分な信頼性を持って動作するため、最近は、多くの事業で使われている。
  • (※4) M2Mクラウドサービス:電力、気象、防災、交通、農業、ヘルスケアなどの分野において、その分野に特化したユビキタスセンサ機器を現場に投入し、ネットワーク回線を利用することで、遠隔からこれら設備の監視制御を行うサービス。M2MはMachine-to-Machineの略。

6.添付資料

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る