ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、国内ISPとして初めて、JPNAP東京に100GbEで接続開始

2012年08月06日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一、コード番号:3774 東証第一部)は、本日より、インターネットマルチフィード株式会社(MF、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木幸一)が運営するIX(Internet eXchange)「JPNAP東京」に対して、国内ISPとしては初めて100GbE(100ギガビットイーサネット)で接続を開始しました。

従来IIJでは、JPNAP東京に対して10GbE(10ギガビットイーサネット)で接続しており、これまでも需要に応じて、適宜接続回線の増速を行っておりました。しかし、近年インターネットトラフィックは増加の一途を辿っており、JPNAPを利用する他社ISPとの接続性向上の観点から、IXに対するさらなる広帯域での接続を検討してきました。

100GbEでの接続は、米国やヨーロッパなどで広がりつつあり、IIJは2011年6月にMFが行なったISP相互接続点の共同実証実験に参加し、実用化に向けた相互接続性や性能面の検証に協力をしてきました。

IIJは、今後もバックボーンネットワーク全体の増強を行い、IIJサービスをご利用のお客様により快適なインターネット接続環境を提供していきます。

バックボーンネットワークの詳細については、以下の接続リストをご覧ください。

報道関係お問い合わせ先

IIJグループ 広報部

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る