ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、東北地方太平洋沖地震で被災された方々に向けた情報発信を行う企業、自治体を対象に「IIJ GIOホスティングパッケージサービス」を無償提供

2011年03月14日

2011年3月11日からの東北地方太平洋沖地震により、被害を受けられました皆様には、心からお見舞い申し上げます。

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一 コード番号:3774 東証第一部)は、東北地方太平洋沖地震で被災された方々などに向けて必要な情報を発信する企業、自治体を対象に、情報配信のためのインフラ基盤としてご利用いただくことを目的に、自社のクラウドサービス「IIJ GIOホスティングパッケージサービス」を、本日より一ヶ月間無償で提供いたします。

ご利用を希望される方は、ご連絡先と利用用途などを可能な範囲で明記の上、下記対応窓口までメールにてご連絡ください。

提供期間 2011年3月14日(月)~2011年4月15日(金)
(状況に応じて提供期間を延長することも検討いたします)
対応時間 可能な限り迅速に対応いたします。
メール中に明記していただきたい情報
  • 申込者氏名
  • 自治体・企業・団体名
  • ご連絡先メールアドレス
  • 可能であれば連絡がつく電話番号
  • お電話してもよい時間帯
  • 利用用途(可能な限り詳しく)
  • 現状運営されているWEBサイトがある場合、そのURL

東北地方での甚大な被害はもちろんのこと、関東でも東京電力の輪番停電に伴って、多くの方々に必要な情報を迅速に届け、周知する必要がありますが、輪番停電の環境下では情報提供者側のサイトへのアクセスが増加した場合、迅速なサーバ増強が困難な可能性も考えられます。

IIJ GIOホスティングパッケージは関西地方にサーバ設備があるため、今回の東北電力、東京電力の電力不足の影響を受けることなく、サーバをご利用いただけます。安否確認情報、交通情報、鉄道の運行状況など、必要な情報を迅速に届けるためのインフラ基盤として、いつでもご利用いただけるうえ、必要なお客様にはIIJのエンジニアが各種サーバのインストールや、利用サポートなどを行います。

IIJでは、引き続き可能な限りの支援を行ってまいります。

IIJ GIOホスティングパッケージサービスの詳細は、以下のWebサイトをご覧ください。

関連サービス・ソリューション

本プレスリリースに関連するIIJのサービス・ソリューションは以下になります。

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る