ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ、国内初となる「Live Smooth Streaming」技術とSilverlightを利用した高画質ライブ映像を配信

7月16日に開催のイベント「ReMIX Tokyo 09」のキーノートをライブ中継

2009年07月08日

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一、コード番号:3774 東証第一部)は、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下 マイクロソフト)の技術協力を得て、同社の次世代ライブ中継技術であるLive Smooth Streaming (※1) を利用した動画配信システムを構築し、2009年7月16日(木)に同社が開催するイベント「ReMIX Tokyo 09」のキーノートの講演をライブ中継いたします。今回のLive Smooth Streamingによる高画質(HD)ライブ映像の配信は、日本国内では初めての試みとなります。

<ReMIX Tokyo 09 ライブ中継概要>

配信日時 2009年7月16日(木) 10:00~11:40
中継サイト

Live Smooth Streamingは、マイクロソフトのWebサーバソフトウェアIIS 7(※2)の拡張機能であるSmooth Streamingの動画配信技術をライブ中継用に応用した技術です。Smooth Streamingでは、視聴者のクライアント環境(接続帯域やCPU性能など)に応じて映像品質を自動調整して配信を行うため、常に最適化された品質で動画を再生することができます。視聴者のWebブラウザにMicrosoft® Silverlight™(※3) を組み込むことにより、従来のライブ配信では不可能だった「見逃し再生」が可能で、視聴者は、ライブ配信中にいつでも、もう一度見たいシーンに巻き戻して再生することや、ライブ中継に遅れて参加した場合にも初めから全ての内容を視聴できる「追っかけ再生」が可能となります。

また、中継映像のエンコーディングには、米国Inlet Technologies社の協力により、最新のHDライブエンコーダSpinnaker 7000を使用しています。

ブロードバンドの普及により動画や音楽などリッチコンテンツの配信ニーズが増加する中で、IIJはこれまでも、テレビ向け高画質コンテンツ配信や大規模ダウンロード配信など市場ニーズに合わせたソリューションを提供してきました。今回、Live Smooth Streamingによるコンテンツ配信技術を導入することで、Silverlight向けのストリーミング配信のニーズにも応えてまいります。

なお、今回のライブ中継にあたり、マイクロソフトより以下のコメントをいただいております。

「この度の『ReMIX Tokyo 09』のライブ中継は、Live Smooth Streamingを活用した国内初の事例であり、HD動画配信の最新技術を体験していただき、そのクオリティの高さを実証する機会として大きな意義があります。ストリーミング配信のパイオニアとして数多くの実績をもつIIJ様との技術協力を通じて、今後、Silverlight向けコンテンツ配信の市場が拡大していくことを期待しております」(マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部執行役 大場章弘様)

IIJでは今後も、高画質コンテンツ配信プラットフォームの技術開発とサービス提供に積極的に取り組み、サービス事業者や利用者にとってより快適な映像配信環境を実現してまいります。

  1. (※1)Live Smooth Streaming: マイクロソフトが提供するHDストリーミング配信技術「Smooth Streaming」のライブ配信版。IIS 7の拡張機能として提供される。
  2. (※2)IIS 7 (Internet Information Services 7.0): マイクロソフトが提供するWebサーバソフトウェア。Windowsサーバ製品に標準で付属。
  3. (※3)Silverlight: マイクロソフトが提供するWebブラウザ用のプラグイン。Webブラウザ上での、RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)や動画配信が可能になる。

ReMIX Tokyo 09 について

開催日 2009年7月16日(木)10:00~19:00
会 場 東京ミッドタウンホール
主 催 マイクロソフト株式会社
詳 細

以上

報道関係お問い合わせ先

株式会社インターネットイニシアティブ 広報部

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング

Get ADOBE READER
Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerは左の「Get Adobe Readerblank」ボタンをクリックして入手できます。

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る