ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

用語集

特別口座

2009年1月5日より、紙に印刷された上場会社の株券は無効とされ、株主の権利(株主総会での議決権行使、配当金の受取など)は証券保管振替機構(ほふり)と証券会社などの金融機関の口座で電子的に管理されている(株券電子化)。

株券電子化以前に、証券会社の保護預かり/証券保管振替機構(ほふり)を利用せず所有していた株券や登録株式は、発行会社(IIJなど)により開設される「特別口座」において管理される。特別口座では譲与・譲渡手続きができないため、売買するには証券会社において同一名義の口座開設、株式の振替手続きが必要となる。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る