ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

株式・株主還元について

Q1. IIJは、どこの証券取引所に株式を上場していますか。

東京証券取引所市場第一部及び米国ナスダック市場に株式上場しております。

Q2. 東京証券取引所への上場日はいつですか。

2005年12月2日に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、2006年12月14日に市場第一部へ指定替えいたしました。

Q3. 東京証券取引所へ上場した背景を教えてください。

IIJは先ず米国ナスダック市場へ上場いたしましたが、IIJの商圏は殆どが日本企業を対象としたものであり、日本国内での知名度向上と東証一部上場企業との信用力強化を展望し、東京証券取引所にも上場いたしました。

Q4. 証券コードと売買単位株式数を教えてください。

証券コードは「3774」、売買単位は「100株」です。

Q5. 米国ナスダックへの上場日はいつですか。

1999年8月4日に上場いたしました。

Q6. 米国ナスダック市場へ上場した背景を教えてください。

IIJが米国ナスダック市場へ上場した1999年当時は、日本国内においてはまだインターネット関連企業の上場は一般的ではありませんでしたが、他方で米国ではインターネット関連企業が資本市場での資金調達を行いつつ事業拡大を図っておりました。また、最先端のインターネット関連技術の中心は依然として米国にあり、IIJが最新のインターネット関連の技術開発を行っていくためには米国企業との連携も重要であり、そのためにも米国での知名度・信用力の向上が必要との考えより、米国ナスダック市場へ上場いたしました。

Q7. 米国ナスダック市場への上場は維持するのでしょうか。

米国ナスダック市場においては、2016年3月末現在、IIJのADR保有者は1,753名おり、恒常的にADR売買取引が行われております。米国ナスダック市場へ上場して得た資金をもってこれまで事業成長してきたこともあり、また、技術開発のための米国でのプレゼンス向上との上場背景を鑑み、当社ADR株式市場参加者が活発にいる状況においては、自発的に米国ナスダック市場から撤退する考えはありません。国内市場のプレゼンス発揮のためには海外を対象としたIRは必須であり、米国市場上場により求められる米国企業改革法に基づく内部統制については、本来日本企業としても充実していてしかるべき事項であることを鑑みると、米国ナスダック市場へ上場していることによりかかる追加的なコストは、事業規模に照らし多額なものではないと認識しております。


関連用語

ADR(American Depositary Receipts:米国預託証券)blank米国企業改革法blank

 

Q8. 米国ナスダック市場でのティッカー・シンボル(取引コード)と普通株式との交換比率を教えてください。

米国ナスダック市場でのティッカーシンボルは「IIJI」、交換比率(ADR:普通株式)は「2:1」となっております。

Q9. ADR(米国預託証券)とは何ですか。

ADR(American Depositary Receipts:米国預託証券)は、非米国企業にとって株券を代替するものであり、米国では米国企業の株式と同様に売買・決済・受渡し・保管されるものです。非米国企業の株式(原株)を米国の預託銀行(IIJの場合は、The Bank of New York Mellon)が預かり、その株券を担保として発行される流通証券です。 ADRと原株との間には一定の変換比率が定められており、適宜変換可能です。

当社の大株主一覧blankにある「THE BANK OF NEW YORK MELLON AS DEPOSITARY BANK FOR DEPOSITARY RECEIPT HOLDERS」は、当社ADRを発行するにあたっての預託名義であり、The Bank of New York Mellonの所有株式は、発行されている当社ADRに相当する預託株式です。

関連用語

ADR(American Depositary Receipts:米国預託証券)blank

Q10. 発行済株式数と株主構成、大株主の状況を教えてください。

2016年3月31日現在、発行済株式数は46,711,400株です。うち、自己株式は758,709株です。株主構成および大株主の状況は、こちらのページblankをご覧ください。

Q11. 株主総会はいつですか。

定時株主総会は、毎年6月下旬に東京にて開催しております。開催スケジュールは、確定次第、IRカレンダーblankに掲載しております。過去に開催いたしました定時株主総会の招集通知および決議通知の内容は、こちらのページblankをご覧ください。

Q12. 株主還元に対する考え方と配当の状況を教えてください。

IIJは、財務体質の強化及び中長期的な事業拡大並びに事業投資等のための内部留保に配慮しつつ、継続的かつ安定的な配当による株主還元を行うことを基本方針としております。配当政策については、こちらのページblankをご覧ください。

Q13. 自社株買いの状況について教えてください。

2008年10月28日の取締役会決議に基づき、3,934株を自社株として取得いたしました 。2010年7月13日に、自己株式3,934株のうち140株を第三者割当により処分いたしました。 [PDF468KB]PDF、2016年3月31日現在の自己株式数は758,709株です。

今後の自己株式取得の実施は未定であり、具体的な計画はありません。

(*)2012年10月1日に当社株式1株を200株に分割し

Q14. 株主優待は行っていますか。

IIJは、現在、株主優待制度は採用しておらず、また現時点で採用する計画はありません。

Q15. 住所変更等の株式に関する諸手続きはどうすればよいですか。

住所、氏名のご変更、配当金の受け取り方法のご変更等の各種お手続きに関しましては、お取引の証券会社までお問い合わせください。

株主様の振替請求、配当金の振込指定及び住所変更等の各種手続きに関するお問い合わせは、こちらblankでご確認いただける電話照会先までお願いいたします。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る