ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

社員インタビュー Interview Employees

新しい動きを敏感に察知し、吸収していく。それが自らを高めていく。 S.N. / エンジニア 2011年入社

Profile
転職活動時には、知人からIIJについて情報収集していて、良い印象を持っていたというが、入社してみると、想像していた以上に、素晴らしい環境だと感じたという。

IIJに入社する前はシステム構築に携わっていました。新卒から約8年間ですね。その中で、もっと大きな規模で仕事がしたいと思うようになっていきました。自分のこれまでの経験を活かしつつ、サービスまで手掛けている会社で新たな仕事にチャレンジしたいと考え始めました。IIJはまさにその条件を満たす会社だったのです。
現在はクラウドサービスのインフラ開発部門に所属しており、プロジェクトが計画通りに進んでいるか、事業計画に則っているかをチェックするのが私の役割です。プロジェクトが遅れているようであればミーティングを行い課題を洗い出してメンバーに指示を出したり、メンバー内で認識の相違がないか確認をします。メンバーのモチベーション維持も重要な役割の一つだと認識しています。
プロジェクトの中では想定外のトラブルも起こりますが、それでも、新しいものを作ることは非常に楽しい。リリースできたときのメンバーの顔を見ると、皆満足そうで、自信にもつながっているように見えます。そんなときは、心地よい達成感を味わうことができますね。

IIJは独自性があり、それが大きな強みであると思います。そんな恵まれた環境の中で、広く視野を持って成長していきたいと考えています。現在のクラウドのサービスが、より良いサービスへと発展していくために、力を発揮できる存在になりたいですね。
そのためにはいかに経験を積んでいくかが大切です。さらに他部署の持っている情報や技術にも目を向けて、吸収していく。新しいものにキャッチアップして、サービスへの理解も深めていく必要もあります。社内には学ぶ機会も数多くあります。次の開発に活かすために、積極的にいろいろなチャンスを活用していきたいと考えているところです。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る