ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

社員インタビュー Interview Employees

エンジニアとしての探究心と、マネジメント力を磨くこと。その両立を目指して。 Y.I. / エンジニア 2007年入社

Profile
休日は、オーケストラの活動を行っている。担当するパートはビオラ。演奏会が近づくと練習にも時間を割かれてしまうが、会社とは違うコミュニティでの時間は、仕事を充実させるためにも重要だと考えている。なかには父親ほどの年齢もメンバーもいて、仲間たちとの楽しい会話から仕事への意欲も生まれている。

職では主にルータの評価を担当していましたが、ハードの開発には携わっていませんでしたので、常々、自分自身でもスキルが足りないと感じていました。そこで転職を考えるようになったのですが、IIJは日本で初めて商用インターネットを手がけた企業ということでよく知っていて、求人があると聞いてぜひチャレンジしたいと思いました。
入社してみると、本当にエンジニアのスキルの高さにびっくりしました。自由闊達に意見を言い合う雰囲気も素晴らしかった。
現在はルータの新商品開発に携わっています。低価格帯で販売し、広く普及させることを目的とした商品です。新しいコンセプトでゼロからのスタートでした。プロダクトリーダーのもとで、メーカーの方々と話をしながら、プロジェクトを進めてきました。前職の経験や知識を活かすことができるので、それもやりがいにつながっていますね。具体的にはテストを行って、不具合があればすぐにフィードバックして、改善につなげていく。まさに今、佳境に入っている段階で多忙ですがそれがまた楽しい。非常に充実している毎日を過ごしています。

は現在、ある意味では特殊なポジションで仕事をしていますが、これから先はマネジメントスキルをさらに高めていきたいと考えています。それと同時にエンジニアとしてもっと技術を深く追及していきたいという想いもあります。
マネジメントという観点からは、日々、メンバーたちの勤怠の状況を把握することに注力しています。だから、私は早めに出社しています。一番乗りも珍しくないですね(笑)。朝は、仕事も効率的に進められるので、じつはなかなか快適なのです。
エンジニアとしての探究心はIIJだからこそ高められるのかもしれません。周囲には本当に高いレベルのスキルを持ったエンジニアがいます。技術的な環境も非常に恵まれています。このチャンスを逃す手はないですからね。技術を追求し続けて自分自身の価値を高めていきたいと思います。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る