ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJ開発プロジェクト

正式サービスになる前のベータ版サービスや、IIJが独自に開発し、オープンソースとして無償で公開しているソフトウェアなどをご紹介します。

サービス

IIJ IDサービスβ

次世代の認証連携プロトコルであるOpenID ConnectのOP(OpenID Provider)及びクラウドベースのID管理システムを提供するサービスで、IIJのサービスにおけるIDシステム統合およびIDaaS (Identity as a Service)サービス実現に向けた実験サービスという位置付けです。
本サービスはOpenID Connectの普及促進と、課題のフィードバックを得ることを目的とし、無償で提供しています。

  • (※) 2015年9月30日(水)をもちまして、本βテストのサービスを終了させていただきました。
    沢山のご協力、ご利用を頂き誠にありがとうございました。現在、IIJ IDサービスの正式サービスに向けて対応中です。

ソフトウェア

独自開発、送信ドメイン認証フィルタENMA

IIJで独自に開発され、IIJのメールサービスでも安定稼働している送信ドメイン認証フィルタENMA。送信ドメイン認証普及のために、オープンソースとして無償で公開しています。詳細は以下よりご覧ください。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る