ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

参加団体

IIJは、誰もが信頼できる確実なコミュニケーションインフラを目指して、インターネット技術の国際標準化や、安全なインターネット社会の構築に向けたセキュリティ活動など、インターネットの技術発展、普及に関する様々な活動に取り組んでいます。ここでは、所属する参加団体の一部をご紹介します。

インターネットの技術発展・普及に関する取り組み

インターネット技術の国際標準化組織。IIJは創立メンバーであり、現在はゴールドメンバー企業として技術の標準化に取り組んでいます。

情報通信ネットワーク社会構築のために、多様な情報サービスの創出や、健全な競争市場の発展、安全・安心なネットワーク社会の実現を活動目標とする団体。IIJは理事を務め、積極的に活動しています。

産学官および情報通信研究機構等、関係機関の力を広く結集し、IPv6の普及・高度化の実現を目指した協議会。IIJはIPv6バックボーンの運用を国内でいち早く開始し、本協議会では理事を務め、IPv6の普及に取り組んでいます。

安心・安全なネットワーク利用の促進に向けて、認証やプライバシ保護などを実現する暗号プロトコルの安全性向上のため設立された組織。IIJは幹事を務め、今後のネットワーク利用の安心・安全につながるよう、安全な暗号プロトコルの普及に取り組んでいます。

主なセキュリティ活動

セキュリティ・インシデントに対応する国際組織。インシデントに対する協調対策や情報共有等を通じて、安全なインターネット社会の構築に取り組んでいます。

日本の重要インフラの一つである情報通信分野の安全の確保を目的として活動する団体。IIJは、ICT-ISACの前身組織であるTelecom-ISAC Japan(テレコム・アイザック推進会議)の設立準備段階よりメンバーの一員として活動。現在も正会員として諸活動に参加しています。

サイバー社会の健全な発展に寄与するために、情報セキュリティの普及・促進、諸問題の解決を目的とした非営利活動法人。IIJは役員を務め、最新の情報セキュリティに関する調査、情報提供などを行うことで、情報セキュリティレベルの向上に寄与しています。

ITシステム運用におけるセキュリティオペレーションサービスの普及と品質向上を目指す事業者団体。IIJは創立メンバーとして参画し、現在は標的型攻撃対策検討WGのリーダーを務め、標的型攻撃の実態調査や防御策の検討、実証実験に取り組んでいます。

国内におけるコンピュータのセキュリティを脅かす事態への対応と、日本国内で活動する企業内CSIRT間の緊密な連携体制の構築を目的として設立。IIJは本協議会の創立メンバーとして活動を続けています。

「デジタル・フォレンジック」の普及・促進を図り健全なIT社会の実現に貢献するために設立された研究会。正会員として情報セキュリティにおける諸問題に積極的に取り組んでいます。

クラウドコンピューティング推進活動

クラウドサービスの普及・発展に向けた情報共有、課題の抽出、解決に向けた提言活動を行う民間団体。総務省と経済産業省がオブザーバとなり、産学官が連携して活動を行っている。IIJは発足メンバーであり、様々な取り組みを推進しています。

クラウド・ASP・SaaS・データセンター事業の発展と支援を目的として設立された団体。IIJは正会員として活動しています。

クラウド情報セキュリティの管理基準の策定および監査方法、利用者への開示方法を含めた総合的なクラウド情報セキュリティ対策に関わる活動を実施している協議会。IIJは、技術WG、国際標準化WGのメンバーを務めるなど、積極的に取り組んでいます。

迷惑メール対策における取り組み

迷惑メール対策などを行う国際的なワーキンググループ。IIJは設立時に日本から唯一参画し、世界的な取り組みや技術をいち早く国内サービスにフィードバックしています。

迷惑メール対策に関わる産学官の集まり。IIJは2013年から協議会座長代理(親会)、幹事会構成員、送信ドメイン認証技術WG主査を務め、送信ドメイン認証技術の普及をはじめとした迷惑メール対策の推進に貢献しています。

ソフトウェア開発をはじめとする技術開発

エンタープライズ領域におけるRubyの利用に関する諸問題の解決に取り組むことを目的とした、Rubyの普及と発展のために設立された組織。IIJは財団の設立支援にはじまり、現在は評議員メンバーを務めるなど、Rubyの普及と発展を積極的に推進しています。

BSDユーザ企業と、BSDサポート企業、BSDに関する識者によって構成される任意団体。IIJは本団体の理事を務め、UNIX互換のオープンソース基本ソフトウェア(OS)であるBSDのビジネス利用の推進活動に貢献しています。

インターネットのユーザ認証技術である「OpenID」技術の国際化を支援するために、日本国内で「OpenID」技術の普及・啓蒙活動を行っている団体。IIJは企業会員として普及活動に取り組んでいます。

データセンターの省電力化による環境改善への取り組み

データセンターにおける消費電力削減を目指す国際的な非営利組織。IIJはGeneral Membersとして参加し、業界全体と連携して消費電力の削減に取り組んでいます。

その他にも、データセンターの省エネルギーなどを推進する以下の団体へ所属し、省電力化に積極的に取り組んでいます。

その他所属団体

グリーンIT委員会(JEITA) The

インターネットの安全利用に関する取り組み

インターネットの利用環境整備に関する情報収集や意見の共有、またそれらを発展させる議論を行う協議会。IIJは創立メンバーであり、現在は幹事を務め、良好なインターネット利用環境の構築を目指し活動しています。

情報通信の安心・安全な利用に係るルールやマナー、情報セキュリティ等の重要性に対する理解の醸成を推進することにより、情報通信利用者の保護とともに適正な情報通信利用の促進を図り、もって安心・安全な情報通信社会の実現に資することを目的とした協議会。

インターネットを通じた違法コンテンツの流通を防止するための支援をはじめ、安全なインターネット環境の実現に寄与することを目的とした団体。IIJは設立時より、メンバーの一員として活動しています。


ページの終わりです

ページの先頭へ戻る