ページの先頭です


ページ内移動用のリンクです

IIJサービスの沿革

年月日 沿革
1993年 7月 UUCPサービス開始
11月 インターネット接続サービス開始 国内初
1994年 5月 ダイアルアップIPサービス開始 国内初
11月 ファイアウォールサービス開始 国内初
1996年 12月 IIJ4Uサービス開始
1997年 11月 米国でISP事業を開始(IIJ-A)国内初
11月 IIJエコノミーサービス開始
1998年 4月 IPマルチキャスト配信サービス開始 国内初
7月 IIJポストオフィスサービス開始
8月 小規模LAN向けルータ「SEIL」の開発・販売開始
12月 IDゲートウェイサービス提供開始
12月 IPv6の普及推進のための産学共同プロジェクトを発足
1999年 6月 サービス品質保証制度(SLA)を導入 国内初
8月 IPv6の商用実験サービス(トンネリング型)開始 国内初
2000年 2月 ネットビジネス向けアウトソーシングサービス iBPS(現・IBPS)開始(IIJ-Tech)
7月 九州・沖縄サミットの公式インターネット・サプライヤーに指定
9月 IPv6ネイティブサービス提供開始
12月 2001年インターネット博覧会の公式プロバイダに指定
2001年 1月 IIJのIPv6ネイティブサービスが2000年の「日経優秀製品・サービス賞」にて「優秀賞」を獲得
3月 ブロードバンド向けコンテンツ配信を推進する組織「CDN JAPAN」を発足
5月 マルチフィードJPNAPサービス開始(MFEED)
9月 IIJmioサービス提供開始
10月 新世代型高機能ルータ「SEIL/neuシリーズ」販売開始
11月 IPv6/IPv4デュアルスタックサービス開始 国内初
12月 2001年度版「企業のインターネット・プロバイダ利用実態調査」にてユーザ評価、首位に
2002年 2月 Omnibusサービス開始
4月 IIJグローバルVPNサービス開始
7月 2002年度 "World Technology Award" コミュニケーション技術部門にて受賞候補13社の内の1社に選定
8月 CDNプラットフォーム事業 CDN JAPAN開始
11月 IIJ VPNスタンダードサービス開始
11月 リソース・オンデマンドDCサービス開始(IIJグループ)
12月 2002年度版「企業のインターネット・プロバイダ利用実態調査」にてユーザ評価、2年連続首位に
2003年 2月 ネットワークサービス・オペレーティングシステム「IIJ SMF(SEIL Management Framework)」開発 国内初
4月 SI事業強化のための新組織「ネットワーク・インテグレーション(NI)部」発足
5月 個人向けインターネット接続サービスの利用者を対象にIP電話サービス開始
12月 スパム対策のワーキング・グループ "Messaging Anti Abuse Working Group(MAAWG)" 創設に参加 国内初
2004年 4月 IPv6対応のライブ中継サービスを正式開始(IIJ-MC) 国内初
4月 ソリューション事業拡大のため「ソリューション本部」を新設
7月 RFID(無線ICタグ)技術の国際標準化団体 "EPCglobal" に加盟
10月 2004年国内ネットワーク回線の顧客満足度調査で3年連続の首位に
12月 経済産業省による平成16年度「電子タグ実証実験事業」に参画
2005年 2月 欧州最大のIX事業者団体 "Euro-IX" に、参画 (MFEED) 国内初
2月 SMF対応の組み込み型ルータソフトウェア「SEIL Engine」を開発、ライセンス供与を開始
3月 国内での迷惑メール対策ワーキンググループ "JEAG" を創設
3月 送信ドメイン認証技術の導入を開始 国内初
4月 ルート、ノバテック社と超小型マルチプラットフォーム・モバイルルータを共同開発
10月 IIJ EPC Networkサービス開始
10月 IIJ Internet-LANサービス開始
10月 IIJ DDoS対策サービスを開始
11月 2005年国内ネットワーク回線の顧客満足度調査で4年連続の首位に
2006年 1月 NTT Comに IIJ SMFサービスをOEM提供開始
2月 経済産業省による平成17年度「電子タグ実証実験事業」に参画
3月 全接続サービスに "Source Address Validation(送信元検証)" を導入 国内初
3月 SMF(SEIL Management Framework)に関する特許を取得
6月 IIJマネージドVPN PROサービス開始
7月 IIJマネージドIPSサービス開始
9月 IIJセキュアMXサービス開始
10月 IIJマネージドファイアウォールサービス開始
2007年 1月 EPCglobal物流部会の世界的な国際物流実証実験に共同参画
3月 高画質コンテンツ配信プラットフォーム開始
4月 IIJサーバ証明書管理サービス開始
6月 統合マネージメントプラットフォーム開始
8月 IIJセキュアWebプラットフォーム開始
9月 緊急地震速報配信サービスを試験提供
10月 新世代型高機能ルータ「SEIL」シリーズの新機種、「SEIL/X」シリーズを販売開始
10月 SMF-LANに関する特許を取得
11月 サン、ベリングポイントなどと共同で「地底空間トラステッド・エコ・データセンター・プロジェクト」を発足
2008年 1月 IIJモバイル開始
2月 イー・モバイルに対応したIIJモバイルサービス/タイプE開始
6月 IIJ FiberAccess/Aサービス開始
7月 心斎橋データセンター開設
8月 IIJモバイル セキュアリンクを独自開発
9月 「SEIL」シリーズの新機種、「SEIL/B1」を発売開始
10月 IIJ大規模コンテンツ配信サービス開始
10月 次世代FXシステムを開発
2009年 2月 練馬データセンターを開設
3月 IIJセキュアWebゲートウェイサービス開始
3月 IIJダイレクトアクセス開始
3月 IIJ IPv6導入支援ソリューション開始
6月 統合メールセキュリティソリューションiiMail Suite開始
7月 中小企業向け新サービス「LaIT(ライト)」を開始
11月 IIJ、NTTドコモとレイヤー2で接続
12月 IIJ GIOサービス開始
2010年 4月 「SMFv2」に関する特許権を日米で取得
6月 IIJ GIO ホスティングパッケージサービス開始
8月 IIJ GIOストレージサービス発表
8月 商用として国内初となる外気冷却コンテナユニットによるデータセンター「松江データセンターパーク」を構築開始
11月 IIJ GIOスマートモバイルソリューション開始
11月 IIJモバイルBiz+サービス開始
2011年 1月 IIJ Raptorサービス開始
4月 松江データセンターパーク開設
5月 IIJ広域負荷分散サービス提供
5月 IIJ Smart Mobile Managerサービス開始
6月 法人・個人向けサービスでNTT東西のフレッツIPv6接続に対応
6月 IIJ GIOストレージサービス FV/S開始
6月 高津データセンター開設
7月 個人向けサービスでNTT東西の新たなIPv6接続方式に対応したサービスを開始
9月 三鷹データセンター開設
12月 ISPやSaaS事業者向けに、インフラのOEM提供を開始。第一弾として、メールサービスのインフラを提供する「IIJ OEMプラットフォームサービス for Mail」を開始
2012年 2月 個人向けサービス「IIJmio」において、LTE対応の接続サービスを開始
2月 法人向けモバイルサービス「IIJモバイル」で、LTE対応の接続サービスを開始
3月 IIJグループ、米国内でクラウドサービス「IIJ GIO USサービス」を提供開始
5月 IIJグローバル、世界各国で利用可能な基幹業務支援のクラウドサービス「G-BASS "ERP"」 を提供開始
5月 「IIJ GIO仮想化プラットフォームVWシリーズ」を発表
5月 自動販売機併設のデジタルサイネージに対して、緊急地震速報と連動した情報配信を実現する新ソリューションを開始
8月 国内ISPとして初めて、JPNAP東京に100GbEで接続開始
9月 「コンテナ型データセンターモジュール」に関する特許権を取得
10月 ストラトスフィアがネットワーク仮想化プラットフォームの商用製品を発表、IIJとACCESSが「Stratosphere SDN Platform1.0」として販売を開始
10月 「IIJ GIO統合運用管理サービス」を提供開始
10月 「IIJ GIO Hadoopソリューション」を提供開始
2013年 1月 IIJグループ、中国国内でクラウドサービスの提供を開始
1月 ネットワーク機器「SA-W1」を無償提供し機能に課金する、業界初のビジネスモデルを開始
2月 「守山データセンター」を開設
4月 通年外気冷却を利用したコンテナ型データセンターモジュールの実証実験を開始
4月 「IIJ GIOデータベースサービス」のラインナップを拡充し、国内事業者として初めてインターネット経由で利用できるクラウド型リレーショナルデータベースサービスを提供開始
4月 「IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス」を提供開始
6月 ストラトスフィア、SDNで仮想オフィスネットワークを実現する「OmniSphere」を開発
6月 IIJイノベーションインスティテュートがビッグデータ処理技術を応用したWikipedia人気記事ランキングシステムを公開
7月 「IIJ GIOクラウドトランスコードパッケージ」を提供開始
8月 IIJグループ、欧州域内でクラウドサービス「IIJ GIO EUサービス」を提供開始
11月 新たなコンテナ型データセンターモジュール「co-IZmo/I」を開発
11月 「松江データセンターパーク」の敷地面積及びコンテナ設置スペースを2倍に拡張し、新たにハウジングサービスを提供開始
2014年 2月 シンガポールでクラウドサービス「IIJ GIO Singaporeサービス」を提供開始
3月 個人向けデータ通信サービスで音声通話機能付きSIMカード(みおふぉん)の提供を開始
6月 ビッグデータを高速処理するDWH向けデータベース製品をクラウドサービスとして提供開始
7月 IIJと日本マイクロソフト、マルチクラウドサービスで協業
10月 JCTAとIIJ、ケーブルテレビ事業者向けに業界連携MVNOプラットフォームを提供開始
11月 「IIJ GIOセキュアAppsソリューション」を提供開始
12月 バンキングマルウェア感染による不正送金を防ぐIIJ不正送金対策ソリューションを提供開始
2015年 1月 国内保険業界初のプライベートクラウド型保険代理店システムの新規提供開始
1月 IIJ、KORG、Saidera Paradiso、ソニーの4社がDSD TH 5.6MHzハイレゾ音源によるライブ・ストリーミング配信を実施 世界初

ページの終わりです

ページの先頭へ戻る